rubyエンジニアに求められる人物像

RoRにてシステムを構築するには、ruby言語をマスターしたエンジニアが必要となります。
この言語は、インタプリタ系の言語で、コーディングしながらデバッグを行えることが特徴で、オブジェクト指向のスクリプト言語のため、関数の再利用がしやすくプログラムがコンパクトになる上、見やすいコードの作成が可能です。あらかじめ頻繁に使用される関数などはインプリメントされているため、その関数を呼び出すだけで、サーバーのデータなどを簡単にアクセスして更新作業などが行えます。

ruby言語を開発するエンジニアは、webアプリケーションを経由してのサーバーへのアクセスを行うため、サーバーやネットワーク関連の知識を強めておく必要があります。
また、オブジェクト指向のため、ひとつひとつのオブジェクトの完成度を高めなくてはならず、そのためには強い集中力と忍耐力のある人物像が求められます。
ネットワークを経由したアプリケーションの開発のため、ウイルス感染を防ぐべく、ちょっとしたセキュリティホールも見逃さない注意力も大切です。

rubyというプログラミング言語の登場のおかげで、プログラマにのしかかる、コーディング作業やデバッグ作業は大幅に軽減されているのはもちろんなのですが、1件あたりの処理時間が短くなった分、一人で抱える案件数が増えているのも現状なのです。
また、多くのエンジニアの求人を参照すると、少なくとも1年以上のwebプログラマとしての経験が必要なところが多いのが現状です。
rubyエンジニアについては【色とりどりエンジニア】というサイトに詳しい情報が記載されているので、覗いてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です