ruby開発者の抱える不安

rubyは、ある日本人が開発した日本発のプログラミング言語で、1995年にリリースされた新しい言語です。その特徴は、オブジェクト指向であることと、スクリプト言語であること、さらにはインタプリタ系の言語であるため、デバッグをしながらのプログラミングが可能で、開発の進めやすい言語です。
あらかじめ用意されているオブジェクトも多いため、それらのオブジェクトを呼び出すだけで、基本的な機能は実装可能で、少しの作業で、データーベースの閲覧や新規作成、削除などの基本機能はすぐに実装できてしまいます。
開発期間も短くてすむため、開発コストも抑えられるのも特徴です。

このようないいとこだらけの、Rubyであればネットワークエンジニアにとっては、習得しておいても損はありません。しかし、web開発用の言語はめまぐるしい進歩を遂げてきました。
少し前までは、C言語のようなコンパイル言語でプログラミングを行っていたのに、最初にPerlというテキスト処理最強のスクリプト言語が登場しました。そのすぐ後には、プログラムを記載しやすくなり保守性の高まった、Python言語が登場し、さらに後には、web設計委特化したPHP言語が誕生しました。
最新のプログラミング言語としてオブジェクト指向に特化したRubyが登場したわけです。
このような目まぐるしいプログラミング環境の変化の中Rubyの時代がいつまで続くのか、一抹の不安が残ります。