ruby言語開発者に求められるスキル

rubyはweb系アプリケーションを開発するための言語です。スクリプト系の言語であることと、オブジェクト指向であることと、インタプリタ系であることが特徴です。
オブジェクト指向であるため、頻繁に使用する処理は関数を作り込むことにより、再利用が可能で、プログラム自体もコンパクトにまとまります。インタプリタ系であることはデバッグが容易となり、あまり高度なテクニックを持たなくても気軽に設計が行えます。

この言語を使用して開発を進めるエンジニアとして必要なスキルは、なんといってもプログラミング能力でしょう。プログラムの構造を感覚的に理解するのであれば、C言語や、Linux言語、Java言語などを理解していると設計が楽になります。また、web系のアプリケーション開発であることを考慮すると、HTMLやPHPなどの言語が利用できると役に立つといえます。

ただし、rubyは、あらかじめデータの基本入出力となる関数が豊富にインプリメントされています。
それらの関数を組み合わせるだけで、必要最小限のインターフェースは構築されてしまうのです。そのため、C言語やLinux、Java言語などと比較すると格段にコーディングが楽な言語といえるのです。
これまで全くプログラミング経験のない人であれば、思い切って、rubyから学習するのも一つの手かもしれません。webでの学習ページにて無料で独学で学ぶことができます。
習得も理数系の人であれば、数ヶ月あれば大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です